機械の心 擬人化

走る文豪の心――アニー

357-26 アニー
img178

「いやー、昨日まで締切デスマーチだったのよーw」

■アニー・シエルブリーク
桜に続くシエルブリーク357番編成三等寝台車、CPb318 5962号の心。

世渡世界では割と有名なラノベ作家で、車内で執筆して原稿を鉄道郵便かオンラインで担当編集のもとへ送っている。締切が近くなると部屋から出てこなくなる。

作風は壮大かつ極めてシリアスなSFやファンタジーが多く、メインキャラでさえも虚しい死を迎える事が多いため単行本の新刊が出るたびに死んだキャラのファンから断末魔にも似た苦情の手紙が送られてくるという(ただし、本人は「まぁー所詮は読者の意見だからねー」と軽く受け流している。

アニー本人は温厚でのんびりした性格。オルカやナナにも先輩として優しく接している。
アルカ(pixiv→illust/10329852)とは何やら通じ合うものがあるのか、お互いを「先生」と呼び合っている。

357-26 アニー実車

■CPb318形
全長:24.5m
全幅:3.4m
全高:4.2m

制式客車としては最大級の車体を持つ18系の三等寝台車。
幅広車体を生かし、車内は枕木方向の三段寝台に加えて二人掛け・二段+荷物棚のプルマン式寝台を合わせた構造になっている。このため(車内は狭いものの)二階建て車を除いた三等寝台車では最大の定員を持つ。


車両としてのアニーさんは、上記のような詰め込み型の構造を持つロシア鉄道の三等寝台車(プラッツカルト)をモデルにしています。
彼女たちにとっての本業は「走ること」「お客を目的地まで送り届けること」ですが、それさえ疎かにならなければ車内では完全に自由行動が認められています。

そんなわけで、彼女のように副業(アニーにとっては感覚的に執筆が本業になってますが)を行っている心も普通に在籍しているようです。

雪の国のコミューターたち。

721-4203 手稲千沙

■手稲千沙(ていねちさ)
JR北海道721系、サウF-4203編成クハ721-4203号の心。
おっとりした性格だが、快速エアポートを中心としたアグレッシブな運用を中心としているのでやるときはやる行動派。

編成を組むF-4103編成の面々とは基本的に仲はいいのだが、与えられた機器の違いから走るとどうしても歩調が合わないのが悩みらしい。

733-110 佐見十香

■佐見十香(さみとおか)
733系サウB-110編成クハ733-110号の心。
札幌近郊の形式では一番後輩という事もありまだ登場して日の浅い新人。

まじめで優しい性格……ではあるが、まじめ過ぎて個性的な先輩の前では色々な意味で振り回されている。
おどおどしつつも札幌都市圏を担ってく存在として日々奮闘中。

711-210 雪美冬樹
 
■雪美冬樹(ゆきみふゆき)
北海道初の近郊電車、711系サウS110編成クハ711-210号の心。

あまり多くは語らない寡黙な人だが、後輩思いの優しい人。頼れる後輩たちにその後を託し大団円を迎える。
本記事執筆時点では東室蘭操車場にて待機しているようだがその運命や如何に。

711-213 雪美閑

■雪美閑(ゆきみしずか)
同じく711系サウ113編成クハ711-213号の心。

冬樹とは打って変わっておしゃべりな性格(『しずか』なのに)
彼女も現時点では東室蘭操車場で待機中。その行く先は海外かはたまたRSCRか。

201-101 蒼葉友紀

■蒼葉友紀(あおばゆうき)
キハ201系ナホD-101編成キハ201-101号の心。

北海道最強の性能を与えられて生まれたはいいが、最も自分に合っていた学園都市線での仕事は電化で外され、その他の非電化区間では朝でもなければ輸送力過剰なので、現在はほとんど架線の下での運用が中心というちょっと不憫な経歴を持つ。

それ故に最近は自分のアイデンティティが行方不明で、どうしたらいいもんかと首を傾げながらいしかりライナー(※全区間架線下の運用)で本気を出してみる日々。

731-103 紅葉カフカ

■紅葉カフカ(あかばかふか)
731系サウG-103編成クハ731-103号の心。

細かいことは気にせずに我が道を行く猪突猛進系お姉さん。自分たちに与えられた「G」編成記号は「なんかカッコいい」という理由で気に入っている。
ゴーイングマイウェイすぎて運転士からの評判は悪いが「頑張って慣れろ☆」が信条。基本懲りてない。

友紀たちの近況に関しては「ま、気にしなきゃいいんじゃねーの?」と楽観視しているが、本人たちに言うと基本溜息しか聞こえない。



本土とは比べ物にならない厳冬の地で強く、そして思い思いに走りゆく雪の国の星たちへ。

先月の北海道旅行で出会った札幌都市圏の近郊電車(+内燃動車)の心たちをまとめてみました。

前回も触れたとおり、旅行の際に彼女たちの個性を中の人視点で伺う機会があり、それ以来札幌近郊で活躍する彼女たちに惹かれまくって仕方ない今日この頃です^q^

不思議の国のななさみちゃん。

不思議の国のななさみちゃん(各局背景用)

――そこは、おいしい物・不思議な風景にあふれた、不思議の国だったのです。

■客車列車経験値を積みたくて北海道旅行に行ってきたはずなのに、気付いたら札幌運転所の近郊電車たちに惹かれまくってた件。

貯金のため1年を某どこでも会える2tトラックのお世話をする仕事に使い、この春専門学校へ進学と相成りました。
そして、仕事を終えた後の2月28日~3月4日の行程で北海道旅行に行ってまいりました。
当初の目的は客車経験値の補充・北海道在住のフォロワーさんに会う事。

……だったのですが、札幌近郊で彼女たち(↑)の運転を務めるフォロワーさんから彼女たちの個性を聞くにつれ『サウっこ』達にただならぬ魅力を抱いてしまって仕方ない今日この頃です^q^;


■今回のイラストは専門学校のプレ講義課題のために描いたものです。こんな所に進出しちゃう辺り相当です(
733系サウB-110編成クハ733-110号の子と道央の名所的なものを詰め込んでみたものですが……色々課題が見えてまいりました^q^

ちなみに上から
ニッカウヰスキー
小樽のガラス細工
ワッパー(北海道発上陸のバーガーキング。もっとデカく描けばよかった)
時計台
味噌ラーメン
白い恋人
札市交5000系(日本唯一のゴムタイヤ地下鉄)
洞爺湖

です。
分かりづらいですね!(

旅行の詳細的なものは(気が向いたら)まどごやへ、出会った心たちのイラストはpixivへまとめて投稿予定です。

異色のステンレス客車の四女――アズサ・栄光に生きる三等寝台車の心――桜

357-24+25 サクラ+アニー(心)

img122

「え、読書会に来ないか……? ……そうか」

■アズサ・シエルブリーク・ナカザト
ナミに次ぐシエルブリーク357番編成三等車、CP797 4号の心。いわゆる『ナカザトさんチーム』の四女である。
357番編成に配属された97系姉妹の中ではただ一人量産車仕様として生まれているが、その後の妹は広幅仕様(アズサまでは狭幅車)として製造されているため、アズサはある意味希少車の一人となっている。

寡黙で趣味は自称読書(実際に本を読んでいる所を誰も見ていないので、編成内の読書クラスタにより調査中)。

357-24 アズサ実車

■CP797形(CP797 4)
全長:20.0m
全幅:2.8m
全高:4.0m

ナカザトワークス製新鋭三等客車。ワークス内での形式は「ナハE97-1」。
シエルブリーク357番編成に配属された97系の中では唯一、量産車仕様で製造されており、姉三人も357番編成配属時に量産化改装を行っている。

97系は以上4人の成果をもとにこの後量産へ移行、主に規格の小さいハインベル本線等に導入されつつあるが、5号以降の量産車は全幅2.95m化等さらに改良を加えており、最初から量産車仕様で登場した車両の中では唯一の狭幅車となっている。

img123


「あのころの事を今でも誇りに思っているんだ」

■サクラ・キサイチ(私市桜)
アズサに次ぐ三等寝台車・CPb208 363号の心。
大連界本線経由地のひとつ、私市管理局所管の特急『つばめ』向けに製造され、長らく特急専属客車として活躍。10年前に世代交代のため急行向けに格下げの上、大異動によりシエルブリークに転属してきた。
現在は標準色をまとっているが、特急時代は青系の特急色をまとっており、瞳の色に面影が残る。

物静かな性格だが、特急時代の栄光は格下げされた今でも誇りに思っている。頼めば当時の思い出話をしてくれるかも。

357-25 サクラ実車

■CPb208形
全長:24.5m
全幅:3.1m
全高:4.2m

地球世界にかつてあった国『満州国(出身者の間では『借り物の国』と呼ばれる)』に存在した南満州鉄道で活躍した特急『あじあ』専用客車にルーツを発する制式客車・8系の三等寝台車。

8系は『借り物の国』が本来の民のもとに還ってからも独自改良を受けて活躍したが、廃車後はRSCRに導かれ特急型客車8系として制式化。完全オリジナルの寝台車などを加えてRSCR中で広く活躍した。
特急時代は標準色とは異なる特急色(青系)をまとっていた。

現在は多くが急行向けへの格下げや老朽化に伴い新形式へ転生しているが、今でも一部の車両が特急での活躍を続けている。

363号は売店つき車両として製造されており、窓割りに特徴が見られる。


357番編成全員紹介の更新です。
久々なので今回は三等座席車ラストのアズサと三等寝台車トップの桜さんを同時に紹介してみます。

アズサはナカザトさんチームの四女にして、357番編成内ではただ一人の97系量産車仕様。
ただし、その後ハインベル本線系に投入されている妹たちは幅2950mm裾絞りありの『500番台』へ移行しており、『0番台』のアズサはある意味での希少車になっています(『それぞれのリオスター』・くらけんさんパート参照)。

桜さんは『和と桜の街』私市から転属してきた元特急車です。
彼女は南満州鉄道のフラッグシップ特急『あじあ』に使用された客車が中国返還→廃車→RSCR入りを経て独自改良された形式で、あじあ号時代にはなかった寝台車となっています。
『8系』は満鉄時代は座席車のみが製造されていますが、中国への返還後に一部車両が寝台車に改装された……?という情報もあり、戦後の動向は未だによく分かっていないようです。

そんな形式ですが、引退後はあじあ号牽引機パシナ形(RSCRでは『CSL197形』として制式化)などと共にRSCR入りし、制式車両として第三の人生を歩んでいます。

なお、桜さんは生まれつき売店ありの車両として製造されています。
主に雑誌や日用品を売るスペースとショーケースが前位側に設置されています。
(ここに乗務する売り子さんも基本的には車掌と同じように列車と運用を共にします。このため乗務員控室車で寝泊りしています)


■窓際の掘立小屋。こんごの予定
まどごやはGWに開催の同人イベント『COMITIA112』と『Little‘T’Star!』に参加します。
春は今まで紹介してきた+これから紹介するシエルブリーク357番編成の全キャラをまとめた本の予定です。
キャラ紹介と形式の詳細はまどごやとここで書いてきているので、ちょっと違ったアプローチで全キャラ(心・乗員)を紹介してみる予定です。
……果たして発行できるのやらw(

桜さんから先、三等寝台車4両、ニ三等寝台車1両と続いていきます

異色のステンレス客車の次女――ナミ

357-23 ナミ


■「やってきました長時間停車!今日も今日とてれっつふぉとだよっ♪」

■ナミ・シエルブリーク・ナカザト
エリカに次ぐシエルブリーク357番編成三等車、CP797 2号の心。いわゆる『ナカザトさんチーム』の次女である。

元気で明るい性格。また、ペンタックスQの「きゅーたん」を駆使して写真家としても活躍し、最近世渡人の写真家の間では少し名を上げつつある。

357-23 ナミ実車

■CP797形(CP797 3)
全長:20.0m
全幅:2.8m
全高:4.0m

ナカザトワークス製新鋭三等緩急客車。ワークス内での形式は「ナハE97-902」。
長女シエスタと同様97系の試作車として製造された。


久々の更新になってしまった357番編成全員紹介、今回はナカザトさんチーム次女のカメラ娘です。
愛用のカメラについては生みの親、マイピク・くらけんさんより「ペンタックスQで」との指定を受けました。
たまゆらのかなえ先輩が持ってる子みたいですね。

いつ更新できるかはアレですが、ハザ組は次でラストです。
  • ライブドアブログ