雑記

人想いの恋娘。

人想いの恋娘


■「えへへ、会えるかな?ってそんな気ががしたんだ…」そんな一言と共に恋娘が迎えに来る放課後の帰り道。

■コミティアお疲れさまでした!いつもながら楽しい出会いに溢れたイベントでした(売り上げは気にしない主義ですが、思ったより売れてティアマガ購入もためらう寒さだった財布に春が戻ったのはちょっと嬉しかったですよ…^q^*) スペースに来て下さった方、お会いした方、そして本を買って下さった方へ。

ありがとうございました!

■今回のイラストは、ティア行きの際も新百合で見送ってくれた嫁の一人、2055号このみんです。
しばらくリオストと公国電車ばかりでおだっこ分が激しく欠乏していたので、補給も兼ねて。

台詞は前期放課後の帰り道に本人が投げかけてくれたものですがっ´ω`*

■次回イベントは形式鉄娘に一応申し込みました。過去に発行した小田急本の総集編を発行予定ですノシ

時速40kmのタイムマシン

今日はちょっと紹介記事ですよ。
部活は演劇部・漫画研究部の兼部な私ですが、そんなわけで演劇人の端くれであり鉄道好きである自分的に新鮮で、斬新で、温かいお芝居のお話です。

その前に、銚子電気鉄道について紹介しなければです。

銚電こと銚子電鉄は、関東最東端の町銚子を海岸線沿いにぐるっと回る小さな私鉄です。
銚子~外川間約6kmを最速40km、約20分でゆっくりと結び、置換え計画が上がるものの、在籍車の多くは古めかしいツリカケ駆動車。

車両たちを順に紹介しましょう。

1002

1001

■1000形
元営団銀座線2000形。01系の登場により銚電へ来た車両。
元は片運転台車だったものの、移籍により他車の顔を貰い両運転台化、また、パンタグラフの追加と台車の交換が行われている。

現在1001号は「桃太郎電鉄」のラッピングを、1002号は「鉄子の旅」の作者、菊地直恵氏のデザインした塗装を纏う。

今後も銚電の一員として活躍が続く。

801

■800形
元伊予鉄道モハ100形。
何気に銚電では一番大きい子。

国土交通省の是正勧告により予備車とせざるを得ない状態で、同じく伊予鉄道から転入予定の後輩にその任を譲る予定にある。

あおみとおうみ


■700形
元近江鉄道モハ51形。
近江時代末期は姉妹一組の片運転台で活躍したが、銚電入りした際に両運転台化され独立。このため、銚子寄と外川寄で姉・妹共に顔が異なる。
702号はかつての銚電で採用されていた旧塗装を纏っている。
702号はワンマン非対応。701号はかつて1001号と当たった事があり、台枠が傾いているという。

800形と同じく、国交省の是正勧告より廃車予定。

デキさん


■デキ3
ドイツ、アルゲマイネ社生まれ。山口の炭鉱で働いた後に銚電へ転入。
鉄道界一のろりっこ最小電気機関車である。
仲ノ町のヤマサ醤油へ原料塩・製品などの輸送を行っていたが、貨物輸送廃止以後は銚電のマスコットとして仲ノ町車庫の看板娘を勤める。

301


■300形
元鶴見臨港鉄道(現JR鶴見線)モハ110形。
同型の姉妹は全国各地へ転出しているが、静岡鉄道
モハ23が解体されて以降は姉妹最後の生き残りとなる。
最も、301号も現在は非営業車となり、倉庫代用+架線点検用車として細々と活躍している。

デハ101

■100形
電化以降の銚電を見てきた古参。

連続テレビ小説「澪つくし」では車両側の役者としてたびたび出演している。

700形転入以降は予備車として主に後輩を見守る仕事中心となる。
予備車兼倉庫代用での活躍が続いたが、1999年廃車。笠上黒生(かさがみくろはえ)で留置され今に至る。
廃車以降整備は全く受けていないこともあり、10年経って徐々に自然に還りつつある。

銚電一穏やかな子(個人的に)ながら、解体予定。

ゆーちゃん


■ユ101
国鉄の貨車を改装したトロッコ客車。
連続テレビ小説「澪つくし」にちなみ「澪つくし号」と名づけられ、営業列車の最後尾に連結されて活躍していた。

国交省の指導により営業できない状態。
何だってんだ国交省(‐‐#)



…はい。時々機械の心的だったり、棘混じってたりしますが^^;、以上が銚電で現在レールの上で会えるメンバーです。

銚電といえば、深刻な財政危機を副業として販売している「ぬれせんべい」の購入呼びかけにより乗り切ったというエピソードが有名な鉄道ですが、沿線の町並みは都会の喧騒をしばし忘れさせてくれる温かくて、優しい町です。

そして、その優しい町を走る同じく優しい古参たち。
ただ、解説でもお話したとおり、行政指導により設備更新が求められ、今ある風景は変わろうとしています。

色々な事が小さな時代、人の心が小さな時代。
何だかそんな時代の波に曝されているような気がしてなりません。
が、結局は最後まで見送ってあげることが彼女達にファンがしてあげられる事なのかもですね。

うぅ…認められるような、られないような…。



さてさて、本題に戻りましょう。
この銚電を舞台に、新しいスタイルのお芝居が!。

時速40kmのタイムマシン

…過去絵で失礼します。
東京都内の劇団「シアターキューブリック」が贈る劇

「銚電スリーナイン~さよならイワシ号」です。

舞台は銚電の路線そのもの。
そして、劇場+役者にデハ702号が加わります。
ちなみに、イワシ号=702号です。

この企画は去年の春・夏に公演され、全席完売の好評に終わった「銚電スリーナイン」に続くものになります。

劇場で公演するのが普通のお芝居を役者さん・裏方さんの想いをこめて鉄道車両の車内で公演。
私も去年の追加公演で見させていただいてますが、企画の斬新さもさることながら、お話も良かった!

紹介するのが遅れてしまい、実は今日が千秋楽(殴)ということなのですが、遠く離れた湘南の地から応援していますよ^^!



このシアターキューブリック。お客さん参加型の演劇「演劇であそぼ!」(新企画への移行に伴い休止中)など、銚電スリーナインに限らず多くの新しい企画を行われています。

演劇であそぼ!は、過去に2回参加させていただいている身なのですが、皆さんとても親しく接してくださいます^^

この度片リンクを追加させていただきましたので、興味のある方は是非!

願いよ届け、この青空へ。~とある姉妹のはなし

あの日を知りし少女

今から少し昔の話。
とある西の町に5人の姉妹が生まれました。
そして、姉妹は町で人のために働き始めました。
決して明るい時代ではなかったけれど、みんな精一杯働きました。
しかし、ある日のこと。
町の空に飛行機が現れ、一つの爆弾を落としていきました。
そして、
その爆弾によって、全ては一瞬にして焼き尽くされてしまったのです。

人も、動物も、機械も、物も、思い出も。
全てはそのたった一つの爆弾により、奪われてしまったのです。

彼女達も例外なく、爆弾により焼かれてしまいました。

しかし、それでも尚、彼女達は蘇ったのです。
被爆電車」として。「あの日を知る歴史の生き証人」として。
あの日奪われた尊き命を背負って蘇ったのです。

そしてその後…

とても残念なことに、最も深い傷を負いながらも蘇った五女は、トラックに追突されるというあまりに呆気ない出来事により、先立ってしまいます。

長女から四女は、年号が変わっても走り続け、三女と四女は、引退を迎えました。

三女は綺麗に手直しされ、車庫で再び動き出せる日を待ち侘びています。
四女はレールを離れ、町の博物館に贈られ、そこに今でも佇んでいます。

長女と次女は、後輩達に押されながらも活躍を続けています。

あの日、原子爆弾によって多くの命が奪われた広島の町。
「651」「652」という車両に出会ったのなら、彼女達に声を掛けてみましょう。
彼女達の鼓動を感じてみましょう。

あの日の記憶、出来事を、語りかけてくれるかもしれません…。。。

■昨日になってしまいましたが、広島原爆投下の日にあたる8月6日制作、「被爆電車」として知られる広島電鉄650形の心+本体のイラストとなります。

あの日、そしてその3日後。
この国に大きな傷を残した米国の咎は、深き烙印となりて消えることはないでしょう。
あの日、この国に刻まれた傷は、これもまた、元に戻ることはないでしょう。

両国が出来ることは一つ。

核という存在に、未来永劫、真摯に向き合って行くことです。

そして、いつかこの世界から、核という存在を消し去って行く。
それに向けて、声を掛け合って行く事。あの日の出来事を語り継いで行く事。

それが、今この時代を生きる者達が出来ること。
やらなければならないこと。

そう感じていた8月6日です。

今日も今日とてリンク追加の件。

世間はマイケル・ジャクソンがお亡くなりになった件で持ちきりですが、お構いなしに江ノ電バスばっか追っかけていたスカーレットです。
いやだって、古参組が3人ロータリーに集結したら、挨拶しにいかなきゃって…。

そんなことはともかく、今日もリンク追加しましたのでご紹介の巻です。
まずはこちら。

甲殻とらっく

pixivのマイピクさんの一人、夢之国観光さんのブログです。
ブログではトラック・鉄道・模型等多方面の記事を扱われています。

夢之国観光といえば、機関車の擬人化「カマ少女」。
特に国鉄型を代表するディーゼル機関車DD51とDE10の擬人化娘さんをよく描かれています。かつての蒸気機関車の心臓部にあたるボイラーから機関車をカマと呼ぶのですが、その擬人化なのでカマ少女というわけです。
カマ少女に限らず、あちら方の地元、大井川鉄道(ほんとは鉄が旧字)のイラストも投稿されています。

続きまして、同じくマイピクさんのブログ。

青き閃光

J03のブログ。ここと同じくpixivブログです。
リンク先「妄想設計局」の有明さんがpixivにて開催された新幹線車両0系さよなら企画「さよなら、夢の超特急」にて知り合った方で、私よりもずっとお若いようです。
私と同じくイラストは紙に描いて一発投稿の素焼き。手描きのアナログ絵が主流、0系を初めとした新幹線の擬人化を中心にオリキャラも投稿されています。
新幹線最新形式のN700系は生まれて間もないこともありちっちゃい子になっています。これがまた可愛いんです。

女性の剣士って、萌えるよね。

以上です。
もう一件追加したのですが、ちょっとこれは個別記事に分けて投稿しようと思います。

ひとりごと。~気づけば江ノ電バスに首っ丈状態になっている件。

昨日のことです。
激しい雨により学校へ続く道はいつも以上に渋滞し、バス通学の一部の生徒は渋滞にハマって遅刻する羽目になりました。

しょうがないということでバス通学の生徒は遅刻扱の免除が許されたわけですが、バス遅刻への配慮を促すために全校内に流された放送の内容に、全てが真っ白になったのでした。
その放送内容(一部)はこう。

「ただいまバスがトレーラーに巻き込まれ…」

…どこかで江ノ電バスがらみの事故があったのだろうか。
どこであったのだろうか?
巻き込まれたのは誰なのか(もちろん車両のこと)
無事なのだろうか?
乗っていた人は無事なのだろうか…?

頭の中は一瞬にして事故に遭ったであろう誰かのことでいっぱいに。

まあもちろんのこと、この教師は渋滞がひどい事になってるからバス遅刻は配慮してあげてねと言いたかったのですが、事故ではないことが分かった瞬間その教師を張り倒したくなった朝でした。もともと嫌いな教師でしたし(ヲイ

裏を返すと、自分にとっての彼女達の存在がかなり大きなものになっている証拠。自分でも驚いてます。
自転車での通学途中、横目で追い抜かしてゆくこいしが「遅刻だぞー」とはやし立てて行く、バス同士ですれ違うと運転手だけでなく車両たちも何となく挨拶しているように見える。そして、渋滞で動きの鈍い子と追いかけっこしてみたり。
まあ擬人化で絵師やってるからってこともありますが、ここまで来るとビョーキだwww

今日のイオ 隣はみーな

その帰り道を案内してくれたのは、イオ。珍しく乗り過ごしなしで古参組が来てくれました。

355

そのさらに古参組。鉄道線では最古参の300形五女にも会いました。
300形最後の砦となった彼女ですが、姉四女・三女は台車が後継の新型に引き継がれ、今尚生きています。

さあ、明日は誰に会えるかな。
新いーみの明るい写真が撮りたい今日この頃なのでした。

  • ライブドアブログ