357-18 セイラ

■「アイラさん。……また、新作見てもらえますか?」

■セイラ・カザマツリ(風祭星羅)
サンドラに次ぐシエルブリーク357番編成、CP635 301号の心。
キサイチ・ミヤツカサの中間に位置する『静かの都』カザマツリの管理局に生まれ、キサイチ局を経て10年前の大異動でシエリスに移籍た。絵画が趣味で、車内の至る所に彼女の作品が展示されているほか、自室を拡げてアトリエとしている(当然ながら、その分定員が減っている)

同じカザマツリ出身にしてずっと同じ編成に所属しているアイラはだれよりも大切な存在で、ほとんどの時間を二人一緒に過ごしている。

357-18 セイラ実車

■CP635形
全長:20m
全幅:2.95m
全高:4m

43系のひと世代前に当たる標準客車。
三等車から一等車、荷物車から乗務員控室車まで一通りの形式が製造されたベストセラー形式のひとつ。
CP635 301号(セイラ)を始め一部の車両は高速列車用の試作台車を試験装備しており、得られたデータは後の高速列車にて結実している。

現在も、多くの車両が急行から普通まで幅広く活躍を続けている。


百合夫婦の奥さんの方、せーら姉さまです。モチーフは戦前最後の国鉄標準客車であるオハ35形です。
座席をつぶしてアトリエに改装した部分は拡張部の窓をHゴム支持の固定窓としています。
左から2~4つの明らかに違う部分がアトリエです。

オハ35形の一部には高速化を見越してテスト製作された台車を履いた車両が在籍していましたが、姉さまもその一つである『ゲルリッツ台車』を履いています。標準台車と比較すると乗り心地は良いらしく、揺れの少なさを生かして車内での制作に励んでいるようです。

そんな戦前派標準客車オハ35形ですが、津軽鉄道の『ストーブ列車』や大井川鐵道のSL急行にて現在も活躍を続けており、温かみのある木目調のオリジナル内装を持った車両が残っているようです。