September 2012

静かの都の荷物車の心――アイラ

357-5 アイラ

■「アイラ。今日はどんな絵を描くんだい?」

■アイラ・カザマツリ ウラリスに次ぐシエルブリーク357番編成メンバー、LP436 752号の心。
『静かの都』と称される町カザマツリ管理局出身で、荷物車不足のため三等車CP636形より改造を受けたグループの一人。10年前の大異動で転属してきた。
同郷の出身にして幼馴染のような関係にある三等車のセイラ(pixiv)は誰よりも大切な存在。
ほとんどの時間はセイラと共に過ごす。凛とした性格で夫のような立ち位置。

357-5 アイラ実車

■LP436形
全長:20.0m
全高:3.86m
全幅:2.9m
荷重:14t

小手荷物輸送量の増加や木造車の鋼製車体への転生に当たり、不足する分の荷物車を確保するため運用変化によって遊休化した二等車等の改造によって形成されたグループ。

なお、改造に当たっては心からの希望制が敷かれ、遊休車がほぼ改造を受けつくした頃からは一般車からも希望を募ったという。
改造元として名乗りを上げた客車が多岐にわたった事もあり、その形態は元形式によって様々。

■百合夫妻の旦那さんです。この手のキャラを一組仕込もうと決めていたのですが、ぶっちゃけこの二人のほかにも何組か百合ップルいます^q^;(ex.サニルナ・ナナオル等姉妹百合要員ほか) 気付いたら増えていた…!

 ついでに形式についても、元は国鉄客車に付けられた重量記号をそのまま反映していましたが、ラインナップを手広く広げているうちにコホナオスマカで収まりきらなくなって来たので微妙に変更しています。その辺はいずれここで語れればと思います。

騒ぎ好きな荷物車の心――ウラリス

357-4 ウラリス


■「ウラりんの『ドヤ顔ダブルピース!!』コルたんに265のダメージ!!どーん!!どうだまいったかー♪」
「………」
「わーいコルたんノリわるーい!www」

■ウラリス・シエルブリーク コルネールに次ぐシエルブリーク357番編成の荷物車、LP540 768号の心。ウツギとは同形式で、ウラリスが妹に当たる。
あだ名はウラりん、一人称もウラりん。騒ぐのが好きで常にハイテンション。
コルネールを喋らせるべく度々ちょっかいをかけているが、悉くスルーされている。しかしそれはそれで楽しいので良いらしい。

■かつての国鉄荷物列車にはこのようにスニ40やマニ50などがまぜこぜに連結された編成がごく当たり前に見られたようです。その辺の再現も兼ねて。

■長距離客車列車と言えば、かつては機関車に次いで荷物車や郵便車が連結されていたものですが、多くは2両程度が連結されている程度。その一方、357番編成には荷物車5両、郵便荷物車1両の計6両を連結しています。
小荷物輸送が盛んで長距離旅客列車へ積み込む量が多い他、手荷物も乗客と同じ列車に持ち込むのが原則で、かつ一般庶民が広く利用する急行ではその量もそれなりに多いため、このように現実のそれとは少し多めに連結しています。

口を開かぬ荷物車の心――コルネール

357-3 コルネール

■「……」
■コルネール・シエルブリーク ウツギに次ぐシエルブリーク357番編成のメンバー、LP450 458号の心。
彼女も10年前の異動でシエリス入りした車両で、出身は時空三大交易都市として名高いカンバセシリア・アロエリーゼ支局。

しかし、活気ある商人の街の出とは思えないくらい無口で、相槌か筆談がコミュニケーション手段。後ろ隣に連結のウラリス・シエルブリークがちょっかいをかけてくるが、適当に受け流している。

img510

■LP450形
全長:20.0m
全高:3.86m
全幅:2.8m
荷重:14t

近郊向け客車50系の一形式で、転生の時期を迎えた旧型車の新車体として、また荷物車の体質改善用として製造されている中型車サイズの標準荷物車。
室内配置は手小荷物室・トイレ・貴重品室・心自室と一般的な荷物車と同等。

RSCRオリジナル車のほか、用途を失ってわずかな車齢で廃車されてしまった異世界出身のグループも含まれ、荷物車において大きなグループを形成している。

■初サークル参加の際に発行した357番編成本以外では初めて紹介する子です。
実車は国鉄の手小荷物最末期に、旧型荷物車の後継として登場したマニ50形です。
手小荷物輸送の体質改善をねらって登場した車両ですが、廃止前の最末期に製造されただけあって本来の手荷物・小荷物輸送で活躍した期間は僅かというかなり不運な車両です。
現在一部の車両が事業用車として今でも在籍していますが、多くの車両はまだまだ若いにも関わらずその仕事を失い廃車されてしまいました。

……もっとも、そんなグループには荷物車引く手あまたのリオストという第二ステージが待っていたわけなんですけどねw(

人呼んで「鬱娘」――ウツギ

357-2 ウツギ


■「や…養ってほしいの……」

■ウツギ・サラヴェク マリアに続くシエルブリーク357番編成メンバー、LP540 666号の心。
あだ名は「うっちゃん」「鬱ギ」など。
見聞きする物事全てを何故か悪い方向に持って行く不思議な性格(単にマリアに構って欲しいからやっている説もあり)。
恐らく常に彼女の周りを漂う邪気が元凶と思われるが、いくら祓っても消えない。
マリアとは製造時から同じ編成に付く同僚で、たいていは自身の荷物室かマリアの自室の隅に体育座りし、古くからの同僚に世話を焼いている。

ちなみに、いつも涙目で潤んでいるため分かりづらいが、綺麗な蒼眼の持ち主らしい…

img509

■LP540形
全長:16.7m
全高:3.85m
全幅:2.76m

パレット輸送専用の荷物車として開発された車両の一つ。
高速貨車と共通するその出で立ちは、LP541形とは違い全室がパレット荷物室(心の自室も無し)。
本車はパレット24台が積み込めるようになっている。
同型のパレット輸送向け郵便車としてOP544形が在籍している。

■このみんに続いて357番編成4両目です。元車両は国鉄スニ40形で、マリアの車掌室なしバージョン的な存在。彼女もパレット輸送向けの荷物車ですが、たいていは直接荷物を投げ込む旧態依存。

■実は、この絵がpixivの総投稿数(マイピク限定1枚含む)444枚だったりします。鬱娘が444ってなんだかね…w

人想いの恋娘。

人想いの恋娘


■「えへへ、会えるかな?ってそんな気ががしたんだ…」そんな一言と共に恋娘が迎えに来る放課後の帰り道。

■コミティアお疲れさまでした!いつもながら楽しい出会いに溢れたイベントでした(売り上げは気にしない主義ですが、思ったより売れてティアマガ購入もためらう寒さだった財布に春が戻ったのはちょっと嬉しかったですよ…^q^*) スペースに来て下さった方、お会いした方、そして本を買って下さった方へ。

ありがとうございました!

■今回のイラストは、ティア行きの際も新百合で見送ってくれた嫁の一人、2055号このみんです。
しばらくリオストと公国電車ばかりでおだっこ分が激しく欠乏していたので、補給も兼ねて。

台詞は前期放課後の帰り道に本人が投げかけてくれたものですがっ´ω`*

■次回イベントは形式鉄娘に一応申し込みました。過去に発行した小田急本の総集編を発行予定ですノシ
  • ライブドアブログ